FC2ブログ

1ヶ月に1度ぐらいのペースで、定期的に近況報告をメール下さる方がいらっしゃいます。

東日本盲導犬協会のTさんです。

今日はとても穏やかな日でした。
Cをカートに乗せてお散歩に行きました。 
一時間ほど休みながら歩きました。
前回は少し不安そうなそぶりがみられましたが、今日はあちこちながめながらうれしそうでした。
暖かい日には短くても外に出られることに感謝します。


寝たきりになってしまったCを介護してくださっています。
短いお便りですが、とても暖かく、Cを思う気持ちが伝わって来ます。

少しですが、事務所にあるペットシーツやタオルを送らせていただいています。
DSCF9020.jpg
銀イオン水も一緒に送らせていただきました。
お役に立てるといいのですが・・・?
全部して差し上げることはできないのですが、
毎月2~3パックなら送らせて頂くことができます。
他にも寝たきりの引退犬をお世話下さっている方がいらっしゃいましたら、事務所までご連絡下さい。


JSDAの理事やスタッフは、すべて日本ライトハウスの関係者の為、以前はどうしてもライトハウスの引退犬を支援することが多かったのですが、昨年ごろからアイメイト協会・東日本・九州・中部等の訓練所の引退犬もふえてきました。

昨年、初めて介助犬Jを支援させていただいたことで、介助犬の方にも道が開けてきたように思います。

H介助犬協会の方からも以下のようなメールをいただきました。

日本サービスドッグ協会様

いつも会報をお届け下さりありがとうございます。

1年程前に、神戸元町で募金活動をされている貴会の方と、
当会職員が偶然お会いさせて頂いたとのことで、
それ以来、会報をお届け下さり、毎号拝見しております。

貴会の皆様が、引退犬里親ボランティアとして、またそのサポートとして
ご尽力されておられることに本当に頭が下がります。

当会はまだ設立して6年、
パートナーの方に事情があり早期に引退した介助犬が1頭(現在もまだ8才)いるだけで、
高齢引退犬がまだおりませんが、年数が経過するごとにこれからはそのような犬も出てくるのは必至です。
会報を拝見させて頂いて今後当会にも来るであろうその時期に備えて、
取り組み方や姿勢など、多くのことを学ばせて頂いております。

介助犬育成事業者として何かができるか分かりませんが、
こうして補助犬をサポートしてくださる皆様に感謝申し上げたくて、
ご連絡を差し上げた次第です。

幾分和らぎましたがまだまだ寒い日が続きます。
皆様も引退犬たちも、益々のご活躍をお祈りしています。



当会の理事が、どこの訓練所の犬でも、すべての補助犬(介助犬・盲導犬・聴導犬)にと立ち上げた協会が、お役に立てる時が来たと、スタッフ一同喜んでおります。

応援くださっているみなさん、
また、引退犬をお世話下さっているボランティアの皆さん、
一緒にがんばっていきましょう。
これからもよろしくお願い致します。



ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

心からお見舞い申し上げます!

パピーに戻って

trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。