もうすぐ3月だというのに、寒いですね~
青森の方々は大雪で困っていらっしゃるようです。
雪国の方は毎日大変です。お見舞い申し上げます。

引退犬ボランティアSさんからお手紙をいただきました。

フリッカー さよなら!
2月23日の夕方、旅立ちました。享年13歳1ヶ月でした。
2月に入って急に元気が無くなり、食欲も落ちた2月15日、白血病で余命わずかと告げられました。
それから8日間、2人と3匹で濃密な日々を過ごしました。あっと言う間の別れでしたが、フリッカーの苦しみが長引かなかったのが救いです。
ともにすごした11ヶ月、ありがとう!!


s-フリッカー

温かいお言葉、ありがとうございます。
短い時間でしたが、フリッカーは本当に幸せだったと思います。
代わってお礼申し上げます。
「お父さん、お母さん、本当にありがとう。ぼく幸せだったよ。」byフリッカー

心からご冥福をお祈りします。


先日、老犬介護のセミナーに行ってきました。
昨年の研修会でお世話になった杉原真理さんがされています。
杉原さんは大阪ペットケアステーションで老犬介護のお仕事をされています。

セミナーの内容は、犬の歯磨きについて

歯磨きは思っている以上に大切みたいですよ。
歯石がたまると歯周病になり、歯周病菌が全身に回り心臓や腎臓が悪くなる原因になるのだそうです。
歯垢のうちは磨けばとれるけれど、歯石になると取れなくなるので、毎日の歯磨きが大切です。

犬にとっては、一番奥から3番目の大きな歯が大切だそうです。
奥なので磨きにくく、歯石もたまりやすいのだとか・・・

少しづつ慣らしておとなしくさせるようにしてあげるといいですね。


いろいろと便利グッズも教えていただきました。

歯ブラシ
s-IMG_0261.jpg

ブラシ部分が360度ついているので、磨きやすいのだとか。
これは超小型犬用だそうです。
大型犬用はあるのかなあ。

指サックになっている歯磨き
s-IMG_0259.jpg
写真が見にくくてすみません。
布がガサガサに毛羽だっていて、よく磨けそうです。

私は、指にガーゼを巻いてこすっていたので、これの方がよく磨けるだろうなと思いました。

マウスクリーナー
s-IMG_0258.jpg
これはブラシにつけて磨く物です。
やはり、ただ布でふくだけよりも、これをつけると歯垢がよくとれるそうですよ。

マウスクリーナー
s-IMG_0256.jpg
これは、お水に入れて飲ませるだけで歯石を柔らかく溶かしてくれるそうです。
食べても安全な成分でできています。バニラ味です。

s-IMG_0263.jpg
これは、歯にスプレーしておくだけで、綺麗になるそうですよ。
でも、お高いのだとか???


今まで、2~3日に1度ぐらい布で歯を拭いてあげているだけでしたが、やはりこのような便利グッズを使った方が効果的だそうで、早速、いろいろと楽天で購入しました(笑)
がんばってみますね。

杉原さん、良い情報をありがとうございます。

毎月、セミナーをされているそうです。

来月は、
2013年3月17日(日)詳細はこちら
第1部 13:00~14:00(開場12:30~)
「飼い主さん必聴!愛犬が健康に暮らせるための3つのポイント!」
第2部 14:30~15:30(開場14:00~)
「自宅で高齢犬を シャンプーする時の注意点」

来月もおじゃましようかな~~~

皆様も、お近くの方はぜひ行ってみてください。


                  

      研修会のお知らせ

研修会を以下の通りに予定しています。皆様、どうぞご参加ください。

日時・場所  3月10日(日)13時30分~16時頃まで JSDA事務所にて
講   演  「老犬とリハビリ」
講   師  いしづか動物病院総看護師長・動物理学療法士長 村上有美先生




ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

昨日の奈良募金と甲南高校の文化祭は雨にたたられた1日でした
でも、たくさんの方にご協力頂き、思ったよりも良い成果を得ることができました。
感謝です

さて、10月26日のブログでご紹介したEnちゃんの引退犬ボラさんからメールが来ました。

10月26日、指先にできた肥満細胞腫の手術の日で、あれから10日あまり、そろそろ病理検査の結果が出たのではないかと心配しておりました。

メールでは、“取りきれた”そうです。

ただ、マージンがギリギリで切除しているので安心はできないそうです。
水平マージンの最小は3~5㎜程度、深部マージンは2㎜程度で、再発の可能性も高いそうです。

でも、指は残していて、Enちゃんも元気だそうです。
「皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。」と喜んでいらっしゃいました。

ほんとうによかったですね~
ホリデーの時を思い出します。
取りきれないだろうと言われ、抗がん剤を覚悟して手術をし、
病理検査の結果を聞くのが恐くて、ドキドキしながら聞きました。
取りきれたと聞いた時の喜び・・・
でも、再発しやすいと聞いた時は、がっかりして、ジェットコースターの急降下みたいでした。
あれから6カ月・・・再発もなく元気にしております

なにはともあれEnちゃん、取りきれてよかったね
指も切らずにすんで・・

Enちゃんの、今後の健闘を祈ります。

今日の事務所での1コマ
s-P1040546.jpg

インカ・・・どう見てもそのベッド、ちいさすぎるでしょ
平和ですねぇ~



2012年版チャリティカレンダー

もうひと頑張りです!
ご協力よろしくお願いいたします。


「人間の為に働いてくれた犬達が最期まで幸せに・・・」との願いを込めて、盲導犬ユーザー達が立ちあがり、2003年9月、NPO法人日本サービスドッグ協会は設立されました。会創立から2011年3月までの支援件数は670件に及びます。その資金は、皆さまからの寄付や募金になっております。

1頭でも多くの引退補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を支援したいとの願いをこめて、2012年度チャリティカレンダーを販売させていただくことになりました。ご協力くださったのは、ブログ「羊の国のラブラド-ル絵日記」でおなじみのマーティンゆうさんです。


マーティンゆうさんのブログより

「引退犬たちへの思いはひとつ。

ご苦労さま。

がんばってくれてありがとう。
いつもそばにいてくれてありがとう。

引退犬たちの老後が穏やかでありますように。」


ゆうさん、、、ありがとうございます。
思いはひとつ・・・ですね。


カレンダーのお申し込み・詳細は、日本サービスドッグ協会ホームページをご覧ください。。

banner_small.jpg
http://jsda.cart.fc2.com/
一緒に引退犬を応援していただける方は、皆さんのブログに転載していただけるとありがたいです。
よろしくお願い致します。よろしかったらバナーをお持ち帰り下さい。





ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村










昨日の夕方から、急に寒くなって来た葛城路です。

今日は、先日ご相談を受けたEnちゃんの手術の日です。
病院のある方向に向かって、祈っている引退犬支援スタッフです。

指の先に5ミリ程のできものができ、検査の結果、肥満細胞腫(悪性の腫瘍)と判明しました。
とりあえず、腫瘍の専門医(獣医腫瘍科認定医II種)にセカンドオピニオンを受けるようにアドバイスさせていただきました。
引退犬ボランティアさんは、脱脚になったらかわいそうだからと、免疫療法を受けようかと思っていらっしゃるようでしたが、どこまで脱脚しないといけないのか、とりあえず専門医に診てもらってから考えたらどうかと助言しました。

幸い、診断の結果、指を切るだけですみそうだということで、命が助かるならと、手術する決心をされました。
指一本ぐらいとはいえ、大変な痛みを伴うだろうと想像されます。
ですが、術後はほぼ普通の生活を送ることができます。
この1週間、生きた心地がされなかったことでしょう。

免疫療法か外科的手術か?どちらがいいのか私には判断がつきません。
ただ、どちらの治療方法も聞いた上で判断されたらどうかと思って、セカンドオピニオンをお勧めしました。
決められるのは引退犬ボランティアさん自身です。

どうか良い結果がでますように・・・


さてさて、次の話題は毎度おなじみのエルビス君です。

エルビス君の引退犬ボランティアさんからメールをいただきました。

涼しくなって、エルビスをカートに乗せての生駒山散歩が復活しました。
あたらしいルートをみつけて、往復8キロ程を押して歩きましたが
登り降りがゆるやかで気持ちのいい道でした。
エルビスは歩いて行くとわかると、さっさとカートに乗り込み
お弁当を食べる場所にくると、ひょいとカートからとびおりて
草っぱらでゴロンゴロンしてと、要領よく楽しんでいます。


いいな~、エルビス君気持ちがいいだろうな~
幸せそうだな~


また、エルビス君のスロープの動画を見られた方からもこんなメールが・・・
車に乗る時に使用したいとスロープを借りて頂いている方です。

10月14日から16日と八ヶ岳の麓清里方面へ旅行してきました。お借りしているスロープを携えてフリップも同行しました。はじめはなかなかスロープの上を歩こうとしないので、床にスロープを横たえ、上に日頃フリップが利用している布マットを敷いて歩かせることから練習しました。何度かトライするうちにスロープの上を平気で歩くようになったので、車に乗り込む練習をし、どうにか旅行出発日には間に合い、無事出発できました。

清里ではちょうど清泉寮でカンティーフェアという賑やかなイベントが開催されておりフリップを連れて見に行きました。馬や牛もいる会場で、犬を連れた来場者が大勢いました。ジャーマン・シェパードやハスキー、コリーなどの大型犬も多数見かけました。フリップもゆうゆうと会場を歩いていましたが、小学生くらいの女の子が二人、フリップを見て「わあっ、盲導犬みたい」と言ったので、「この犬は本物の盲導犬だったのだよ」と言うと驚きつつも喜んで頭や体をなでていました。高原の清々しい景色の中をフリップを連れて歩くのは実に気持ちのいいものでした。本当にフリップに感謝、日本サービスドッグ協会様に感謝です。清泉寮で撮った記念写真ご覧下さい。

エルビス君の動画参考になりました。歩かせ方も工夫が必要なのですね。また練習し、フリップ同行の旅行を楽しみたいと思っております。これからもよろしくお願い致します。


s-清泉寮カンティフェア

事務所にいるといろんな相談を受け、心が沈む事もたくさんあります。
でも、エルビス君やフリップ君のように、幸せに暮らしている引退犬のお便りを読ませていただきますと、なんだかほっとするような、穏やかな気持ちになります。

どうか人間の為に働いてくれた子達が、幸せな最期を迎えることができますように・・・


「人間の為に働いてくれた犬達が最期まで幸せに・・・」との願いを込めて、盲導犬ユーザー達が立ちあがり、2003年9月、NPO法人日本サービスドッグ協会は設立されました。会創立から2011年3月までの支援件数は670件に及びます。その資金は、皆さまからの寄付や募金になっております。

1頭でも多くの引退補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を支援したいとの願いをこめて、2012年度チャリティカレンダーを販売させていただくことになりました。ご協力くださったのは、ブログ「羊の国のラブラド-ル絵日記」でおなじみのマーティンゆうさんです。


マーティンゆうさんのブログより

「引退犬たちへの思いはひとつ。

ご苦労さま。

がんばってくれてありがとう。
いつもそばにいてくれてありがとう。

引退犬たちの老後が穏やかでありますように。」


ゆうさん、、、ありがとうございます。
思いはひとつ・・・ですね。


いつも寄り添ってくれたココロの友・・・
いつもそばにいてくれてありがとう・・・
これからもどこにいてもず~といっしょだよ・・・



カレンダーのお申し込み・詳細は、日本サービスドッグ協会ホームページをご覧ください。。

banner_small.jpg
http://jsda.cart.fc2.com/一緒に引退犬を応援していただける方は、皆さんのブログに転載していただけるとありがたいです。
よろしくお願い致します。よろしかったらバナーをお持ち帰り下さい。





ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村










少し前にメールをいただきました。

いわきに帰ってから、ペットシートを送ってほしいとメールをいただいていたので、
届くかな?時間がかかるかな?間に合うかな?と思いながら送らせていただきましたら、
次の日には届いていたようで、ちゃんと受領書を返送していただき、ほっとした矢先でした。

その時のメールです。

いつもお世話になっています 
やっとメールをする気持ちになりました 

Cが亡くなりました 
毎日何十回と続く余震 きっと辛い毎日だったと思います 
何処に居ても私達を守ってくれていたC 
4月6日深夜 おやすみ と声をかけたのが最後でした 
涙が止まらなくて何も手がつきません 

17歳と七ヶ月でしたいつもの寝顔なので信じられませんでしたが最後は夫と二人で頭をなでながら見送りました
先生にはCは一年間寝たきりだったのに頑張ったよ 床づれもなく 眠ったままだもの。。。。 
と言われましたが震災がなければ と悔やむ毎日です 

協会の皆様には言葉では言い表せないほどの支援を頂き 心より感謝申し上げます 
少し気持ちの整理が出来ましたらお手紙を差し上げたいと思います  
お借りしていたもの次の犬のために急ぎで送ります 
オムツやタオル その中に担架も入れました
取り急ぎお礼と連絡      いわきのT


大変な時に、わざわざご報告頂き、大変恐縮しております。
Cちゃんもお父さん、お母さんに見守られて、幸せな最期だったと思います。

すぐにカートなどお貸しした物をご返送いただき、次の犬へとのお気持ちありがたく受け止めさせていただきます。

応援下さったみなさん、ありがとうございました。
この場をかりてお礼申し上げます。

1ヶ月に1度ぐらいのペースで、定期的に近況報告をメール下さる方がいらっしゃいます。

東日本盲導犬協会のTさんです。

今日はとても穏やかな日でした。
Cをカートに乗せてお散歩に行きました。 
一時間ほど休みながら歩きました。
前回は少し不安そうなそぶりがみられましたが、今日はあちこちながめながらうれしそうでした。
暖かい日には短くても外に出られることに感謝します。


寝たきりになってしまったCを介護してくださっています。
短いお便りですが、とても暖かく、Cを思う気持ちが伝わって来ます。

少しですが、事務所にあるペットシーツやタオルを送らせていただいています。
DSCF9020.jpg
銀イオン水も一緒に送らせていただきました。
お役に立てるといいのですが・・・?
全部して差し上げることはできないのですが、
毎月2~3パックなら送らせて頂くことができます。
他にも寝たきりの引退犬をお世話下さっている方がいらっしゃいましたら、事務所までご連絡下さい。


JSDAの理事やスタッフは、すべて日本ライトハウスの関係者の為、以前はどうしてもライトハウスの引退犬を支援することが多かったのですが、昨年ごろからアイメイト協会・東日本・九州・中部等の訓練所の引退犬もふえてきました。

昨年、初めて介助犬Jを支援させていただいたことで、介助犬の方にも道が開けてきたように思います。

H介助犬協会の方からも以下のようなメールをいただきました。

日本サービスドッグ協会様

いつも会報をお届け下さりありがとうございます。

1年程前に、神戸元町で募金活動をされている貴会の方と、
当会職員が偶然お会いさせて頂いたとのことで、
それ以来、会報をお届け下さり、毎号拝見しております。

貴会の皆様が、引退犬里親ボランティアとして、またそのサポートとして
ご尽力されておられることに本当に頭が下がります。

当会はまだ設立して6年、
パートナーの方に事情があり早期に引退した介助犬が1頭(現在もまだ8才)いるだけで、
高齢引退犬がまだおりませんが、年数が経過するごとにこれからはそのような犬も出てくるのは必至です。
会報を拝見させて頂いて今後当会にも来るであろうその時期に備えて、
取り組み方や姿勢など、多くのことを学ばせて頂いております。

介助犬育成事業者として何かができるか分かりませんが、
こうして補助犬をサポートしてくださる皆様に感謝申し上げたくて、
ご連絡を差し上げた次第です。

幾分和らぎましたがまだまだ寒い日が続きます。
皆様も引退犬たちも、益々のご活躍をお祈りしています。



当会の理事が、どこの訓練所の犬でも、すべての補助犬(介助犬・盲導犬・聴導犬)にと立ち上げた協会が、お役に立てる時が来たと、スタッフ一同喜んでおります。

応援くださっているみなさん、
また、引退犬をお世話下さっているボランティアの皆さん、
一緒にがんばっていきましょう。
これからもよろしくお願い致します。



ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。